中国海軍

中国海軍の空母遼寧が、西太平洋で初めて艦載機の離発着を伴う訓練を実施

中国海軍空母「遼寧」が護衛の艦隊と共に外洋に進出し、艦載機を発着艦させる様子が初めて観測されました。 練習用空母だとか、艦載機が武器や燃料を満載して離陸できない、ポンコツ空母などと言われていますが 海自で言えば1個護衛隊群に匹敵...
最新の動向

海自P-1哨戒機、ドイツベルリン国際航空宇宙ショー(ILA)に参加

防衛省は海上自衛隊の最新鋭ジェット哨戒機のP-1をドイツのベルリン国際航空宇宙ショー(ILAベルリン)に展示すると発表 厚木基地のP-1×2機が参加する予定 P-1行動の概要とベルリン国際航空宇宙ショーについて解説 ...
最新の動向

米海軍岩国基地に日本初の空母艦載機タイプF-35C部隊配備

2021年以降、米海軍岩国基地に空母艦載タイプの最新鋭ステルス戦闘機F-35Cを配備する計画であることを米海軍が公表しました。
米空軍

B-21爆撃機(米国長距戦略爆撃機)ノースロップ・グラマン社

B-21爆撃機は米国の長距離打撃爆撃機計画の一環として2020年代の生産開始を目指してノースロップ・グラマン社が開発している長距離戦略爆撃機
基地

グアムのアンダーセン米空軍基地

グアムにあるアンダーセン米空軍基地についての概要と関連情報について記述していきます。
海上自衛隊

海自ヘリ搭載型護衛艦、空母に改修か?F-35Bは海空のどちらが保有?

昨年末、自衛隊がF-35Bの保有を検討しているとの報道がなされました。 緊張が高まっている南西諸島などの空自の戦闘機が離着陸出来ない短い滑走路の空港での離発着を可能にし 将来的にはいずも型のヘリ搭載護衛艦を改修してF-35Bを搭...
北朝鮮の核・ミサイル開発

北朝鮮制裁決議、効果があるのか、北朝鮮は対話路線に向かうのか

2017.12.23国連の安全保障会議で北朝鮮に対する追加の制裁決議が全会一致で採択されました。 今回の制裁決議は北朝鮮の核開発に対して、開発を断念させたり、対話路線に向かわせるような実行力があるのか、あるいはさほどの効果はなく、...
北朝鮮の核・ミサイル開発

北朝鮮の弾道ミサイル発射実験がなぜ早朝に多く行われるのでしょう

北朝鮮の弾道ミサイル発射実験が、世界各国の非難をよそに度々行われています。 所がこの弾道ミサイル実験の発射時刻はほとんどが早朝に集中しています。 なぜ早朝にミサイル実験を行うのでしょうか、その理由を解説します。
米朝関係

米国の北朝鮮先制攻撃はあるのか、あるとすれば時期や始まりは?

北朝鮮の核・ミサイル開発がかなり煮詰まってきています。 火星15号のロフテッド発射(2017.11.29)が行われたことで、北朝鮮のミサイルが、性能的には米本土全域を射程に収めたことは、ほぼ確実で 今後は、核弾頭の信頼性や、実戦...
魚屋の政治談義

希望の党がなぜ有権者の失望をかって、支持率を落としてしまったのか

希望の党が有権者の失望をかって、支持率がどんどん低下しています。 希望の党は絶望の党だ、残念、不信感、支持しない、無責任だなどと罵倒する声がネットにあふれています。 立ち上がった時にあれほど、期待が盛り上がったのに、なぜここまで...
タイトルとURLをコピーしました