イギリス海軍の大戦中の沈没艦を中国の会社が違法にスクラップ回収か?

本記事はイギリスのデーリーメール(WEB版)に掲載された記事を元にしています。

中国の会社が第二次大戦中、マレー沖海戦で撃沈されたイギリスの戦艦などを勝手にサルベージして、鉄くずとして売り払ったのではないかという内容です。

単なる、元記事の焼き直し、まとめなのですが

英霊を冒涜する、あるまじき行為ということで、あえて掲載することとしました。

元記事

英紙「デイリーメール」(※Web版)

スポンサーリンク

英国の戦争墓標の冒涜:中国のピレウスは英国の第二次世界大戦英雄と共に沈んだ10隻の沈没艦を略奪


マレー沖海戦(プリンスオブウエールズ)

第二次世界大戦中に沈没した戦争遺跡である10隻の英国艦船が、中国の海賊によるスクラップメタルのために略奪されたと報道

1000人以上の乗組員が心地よく眠る、永遠の休息場所である沈没艦船がサルベージによって略奪されたとしてGavin Williamson英国防長官は、即時の調査を要求しています。

第二次世界大戦中に日本海軍によって撃沈され、戦争遺跡として指定された英国の船10隻が、中国の海賊によってスクラップメタルとして奪取されたとThe Mailの調査で明らかになった。

艦船と運命を共にした1,000人以上の乗組員のための最終的な休息場所を提供する海底に沈む艦船、貪欲なサルベージ業者によって壊されて略奪された。

これについてギャビン・ウィリアムソン英国防長官は直ちに調査を要求

「英国政府は、戦死者の遺体を含むあらゆる沈没船の許可されていない破壊活動を絶対的に非難する」と発言。

コメント

イギリス軍の沈没船は、深い眠りを邪魔されず、命を失った乗組員の人々は平和の中で静かに休むことが許されるべきだ。

注:これらの乗組員はPrince of WalesとRepulseを略奪した疑いがある。


スポンサーリンク

その他の情報

専門家は、以前に6隻の英国船が略奪されたと語った。今、今後さらに4隻が目標とされていることを明らかにしており、その数字は上昇する可能性が高い。

マレーシアとインドネシアの海岸に横たわっている10隻はは、1941年と1942年に沈没したもので、その中にはプリンス・オブ・ウェールズとレパルスが含まれていた。

しかし、スカベンジャーの凶暴なギャングたちは、今や750フィートの長い構造物の約半分を略奪し、倒れた英雄たちの遺体は金属で浚渫されてしまいました。

レパルス
レパルス

英国防長官は

「極東での英海軍の沈没船を事件が起きた可能性があることを非常に懸念している」

「これらの可能性を調査するため、インドネシア政府とマレーシア政府と緊密に協力する」
と述べた。

今回の事件は、沈没した軍艦の略奪を禁止する国連国際救済条約の憂慮すべき違反であり、英国、インドネシア、マレーシアの法律にも違反しています。

人々は難破船の近くで潜水することができますが、敬意を払っていて、それらに触れることはありません。

クレーン付きの中国所有のバージは違法に英国軍艦を引き上げようとしており、中国の大手船乗り、福建省ジアダは、英国の難破船の救助と結びついているが、関与を否定しています。

調査によると、サルベージバージンがインドネシアのscrapyardに奪い取られた金属をいかに小片に切り取るかを明らかにしました。

スクラップはその後、世界の鉄鋼市場に参入する中国に出荷され、英国の店舗棚にとして使われる材料にされるかもしれません

専門家は、第二次世界大戦の船は、核爆発の時代に建造され沈没したため、特に価値があると言います。

これらの艦船に使われている鉄は、大気からのほとんど「バックグラウンド放射」を吸収し、医療機器に適したものになります。

1942年3月にジャワ海でで沈没したEncounterは、2016年にこの敷地を訪れた専門家のダイバーによると、その80%が不法にサルベージされていたといいます。

捜査官によると、1941年12月にマレーシアの海岸から沈没し、4人の英国警察官と34人のマレー人乗組員を襲った掃海艇Bankaも完全に浚渫された。Tien Kwang、 Kuala、SS Loch Ranzaが略奪されているのは、昨年発見されたばかりです。

国際的な禁止にもかかわらず、クレーンを装備した12以上の中国所有のバージは、この地域の難破船の救助に関わっています。

中国船の中にはレーダーの検出を避けるために、トランスポンダのスイッチをオフにするものがあります。

彼らは沈んだ船に50トンの斧型のアンカーを落として、その構造物を壊してから長いクレーンを展開して、壊れた金属を掬い上げます。

比較的浅くアクセス可能なJava Sea bedの難破船の調査を主導したオーストラリアの潜水艦の専門家、Andrew Fock博士は、各船舶からの金属の運搬は100万ポンド以上を得ることができると語っています。

インドネシアは、海岸だけで479隻の沈没船があると推定しています。

Fujian Jiadaは、近年、Jジャワ海で活動している8つのサルベージバージのうち5つを供給しています。

船舶は中国の旗の下、またカンボジアとモンゴルの旗の下で航行しています。

そのうちの1隻はHai Wei Gong 889で、中国とカンボジアの旗の下で異なる名前で航海しているクレーン船です。

オーストラリアとインドネシアの専門家は、2014年に Bankaを略奪するHai Wei Gongを非難し、

マレーシアの調査官はまた、近くに横たわっている Prince of WalesとRepulseを略奪したサルベージ船を非難した。

プリンスオブウエールズ
プリンスオブウエールズ

中国の会社の主張

福建省にあるサルベージ会社ジアダンは、国際メディアの主張を「悪意のある偽のゴシップ」として否定し

違法な引き上げ行為を否定しています。

同社のスポークスマンは、「我々は輸出代理店会社に過ぎない。今回の船舶(バージ)に関する当社の事業は、船舶が中国を出港するまでに終了している」
(出港した後のことについては知らない)

他の中国企業が所有しているバージも関与しているが、すべてのサルベージ会社が中国所有のものではない。

2016年にオランダ、英国、オーストラリアの難破船の難破船を調査したチームを率いたFock博士は、「産業規模」の略奪は近年明らかになったばかりだと語っています。

彼は「仮に中国の会社がフランスに入り、戦死者の墓地を掘り起こそうとすることを想像してみてください。怒るべき出来事です。しかしこれは現在起こっていることだが、誰もそれについて何も言わない」

まとめ

今回の事件が何者によって行われたのか不明ですし

イギリスの艦船のあった場所や海底にあるものの所有権が誰にあるかも分かりませんが

英霊の眠る歴史的遺物をお金のために勝手にバラバラにして引き上げる行為は許されるものではないと思います。

戦争で亡くなった人達の尊厳についてもっと、敬意を払得るようには出来ないものか考えさせられます。

スポンサーリンク