「 sakanaya 」一覧

韓国艦艇レーダー照射は、北朝鮮工作船拿捕現場を見られたから?

韓国艦艇レーダー照射は、北朝鮮工作船拿捕現場を見られたから?

韓国艦艇によるレーダー照射事件について、その後の報道や、情報から、韓国の艦艇が北朝鮮の工作船を支援していたか、あるいは逆に、北朝鮮政府の依頼により脱北などに使われた北朝鮮工作船を拿捕している現場を海上自衛隊のP-1哨戒機に見られたので慌てて、射撃管制レーダーを照射して追い払おうとした疑念が深まっています。

いずも空母化、F-35Bは海自、空自どちらが保有するのか、パイロットは

いずも空母化、F-35Bは海自、空自どちらが保有するのか、パイロットは

いずもの空母化とF-35Bの導入に関する報道がなされています。現時点で(2018.11.28)F-35Bの導入自体が決定されている訳でもなく、今後、防衛計画の策定や国会論争なども激しくなっていくのでしょうが、もし、いずもの空母化とF-35Bの導入が決定した際にはF-35Bを海空のどちらが保有するのか?パイロットは海空どちらから出すのか?などについて魚屋太平の野次馬検討をしてみたいと思います。

海自、無人攻撃機のアベンジャーを導入か、無人機の性能や効果は

海自、無人攻撃機のアベンジャーを導入か、無人機の性能や効果は

政府が海上自衛隊に無人攻撃機のアベンジャーを導入する検討に入ったと読売新聞が報じました。他にソースが出てこないので、単なる読売新聞の飛ばし記事なのか、それとも何か根拠がるのでしょうか?そもそも無人機のアベンジャーとはどんな無人飛行機なのか、その性能や導入した場合の防衛戦略への効果はどうなるのでしょう

海上哨戒機P-1(川崎重工)の海外輸出は成功するのか

海上哨戒機P-1(川崎重工)の海外輸出は成功するのか

日本はかって堅持していた「武器輸出三原則」を緩和。2014年に新たに「防衛装備移転三原則」を制定し、自衛隊機として開発された航空機の輸出解禁に踏み切りました。この結果海上自衛隊に配備されている川﨑重工業のP-1哨戒機の海外輸出が取りざたされており、これまでいくつか、候補に登ったものの現時点(2018.6)では、海外への輸出の話はまだ実現していません。そこでこれまでのP-1の海外輸出に関する経緯や、今後の展望について逐次アップしていきたいと思います。