ニュース

イギリス海軍の大戦中の沈没艦を中国の会社が違法にスクラップ回収か?

本記事はイギリスのデーリーメール(WEB版)に掲載された記事を元にしています。 中国の会社が第二次大戦中、マレー沖海戦で撃沈されたイギリスの戦艦などを勝手にサルベージして、鉄くずとして売り払ったのではないかという内容です。 ...
最新の動向

リムパック2018概要、陸自が参加、今年は中国海軍をボイコット

リムパック2018 今年の目玉は陸上自衛隊の地対艦ミサイル部隊が演習に参加 海自艦艇、航空機部隊は、参加規模の縮小 そして、今年はとうとう中国海軍の参加をボイコットとなりました。 リムパック2018の...
韓国海軍

韓国海軍が、次期哨戒機に米P-8AをFMSで導入

韓国防衛事業庁は6月25日に防衛事業推進委員会を開催し、次期海上哨戒機について、米ボーイングのP-8Aを「対外有償軍事援助(FMS)」方式で購入することを決めたと明らかにしました。
中国海軍

055型駆逐艦(中国海軍が建造中のミサイル駆逐艦)

055型駆逐艦は中国名055型驱逐舰、英語名 Type 055 destroyer、NATOコードネームは任海型(英: Renhai class)で 現在中国海軍が建造中のミサイル駆逐艦で中華イージスとも呼ばれています。 ...
P-1

海上哨戒機P-1(川崎重工)の海外輸出は成功するのか

日本はかって堅持していた「武器輸出三原則」を緩和。2014年に新たに「防衛装備移転三原則」を制定し、自衛隊機として開発された航空機の輸出解禁に踏み切りました。 この結果海上自衛隊に配備されている川﨑重工業のP-1哨戒機の海外輸...
中国海軍

中国海軍空母2番艦(国産空母1隻目:001A型)の最新情報分析

中国海軍が遼寧省大連市で建造し、就役間近の中国空母2番艦(国産空母1隻目:001A型)に関する最新情報について分析して逐次アップしていきます。
中国海軍

中国海軍空母3番艦(国産空母2隻目:002型)の情報分析

中国海軍が上海で建造を計画している中国空母3番艦(国産空母2隻目:002型)に関する情報について分析して逐次アップしていきます。
最新の動向

マラバール2018、日米印共同演習終了、対中国包囲網の強化へ

米第7艦隊は、2018.6.19みグアム近海で行われた日米印共同訓練「マラバール2018(Malabar 2018)」が終了したと発表しました。 日米印の海上における軍事協力関係が強化されれば結果的に、南沙諸島の状況などをふま...
P-1

独仏が哨戒機を共同開発、日本はP-1哨戒機を提案

ドイツとフランスが哨戒機の共同開発を計画していますが、この計画に日本の防衛省がP-1哨戒機を土台にした開発を提案している模様です。 P-1の輸出についてはこれまで、イギリスやニュージーランドなどが取りざたされましたが、何れも成功してい...
中国海軍

中国空母「遼寧」の行動は、南シナ海における米空母の動きに対抗?

4月12日に行われた海南島沖における中国海軍の空母「遼寧」を含む大規模な海上閲兵式 そして遼寧が台湾南方において、初めて太平洋上において戦闘機の離発着訓練を行ったのにひき続き、東シナ海で実弾演習を実施 遼寧の動きの裏には...
タイトルとURLをコピーしました