米海軍岩国基地に日本初の空母艦載機タイプF-35C部隊配備

2021年以降、米海軍岩国基地に空母艦載タイプの最新鋭ステルス戦闘機F-35Cを配備する計画であることを米海軍が公表しました。

スポンサーリンク

F-35C
F-35C

岩国へのF-35C配備

先般、岩国基地へは厚木基地からF-18スーパーホーネット戦闘機の部隊(4個飛行隊)の移転が完了していますが

このF-18スーパーホーネットの部隊のうち1個飛行隊(約12機)をF-35Cに交代させる予定だということです。

厚木から移転したF-18の飛行隊はもともと横須賀を母港とするロナルド・レーガンに搭載されている飛行隊で

ニミッツ級空母のロナルド・レーガンには戦闘機の部隊は通常4個飛行隊が搭載されています。

これまでは空母ロナルド・レーガンにはF-18の飛行隊が4個搭載されていた訳ですが、岩国にF-35Cが配備されればロナルド・レーガンに搭載される4個飛行隊のうち1個飛行隊がF-35Cの飛行隊ということになります。

一方、岩国基地には昨年1月以降、海兵隊のF-35Bが16機配備されており、こちらは垂直離着陸タイプですから、通常の空母ではなく強襲揚陸艦からの運用が想定されます。

ロナルド・レーガン
ロナルド・レーガン

強襲揚陸艦ワスプから発艦するF-35B
強襲揚陸艦ワスプから発艦するF-35B

2018.1.14に改修を終えた強襲揚陸艦「ワスプ」が佐世保に配備されており、岩国海兵隊のF-35Bはこの強襲揚陸艦「ワスプ」の艦載機として搭載される事になるはずですから

ロナルド・レーガンと合わせて最新鋭のF-35、2個飛行隊が先陣を切って日本に配備されることになります。

2021年以降、配備予定ということですからさすがに北朝鮮対応とは考えられず、今後のアジア情勢

特に中国海軍の増強に対応した、アジア重視の姿勢の表れと考えられます。

因みに、嘉手納には米空軍のF-35Aが12機(1個飛行隊)が暫定配備(2017.11~6ヶ月)されており、そのまま配備が恒久化されれば

日本国内にF-35の3機種がそろい踏みということになります。

スポンサーリンク

F-35のタイプ

F-35にはA,B,Cの3タイプあり

F-35Aは空軍仕様で、陸上の飛行場から運用されます。

F-35Bは垂直離着陸タイプで、海兵隊などが、強襲揚陸艦などから運用します。

F-35Cは艦載機タイプで海軍が空母に搭載して使用します。

自衛隊でも航空自衛隊にF-35A(空軍仕様)の配備が始まっているほか

F-35Bを導入して海自の現ヘリ空母「いずも」「かが」を改修して搭載することについて防衛省などで検討がされています。

岩国基地

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする