日本の防衛費、30年間変わらず、いよいよ韓国にも抜かれる日も近い

日本の防衛費、30年間変わらず、いよいよ韓国にも抜かれる日も近い

マスコミの報道などを見ていると、日本もかなり防衛費を増やしているような気がしますが、実際の所30年前に比べて、日本の防衛費はほぼ横ばいでほとんど増えておらず、実質的には減少していると言っても過言ではありません。一方30年前には、軍事費が日本の5分の1程度しかなかった中国やインドに抜かれているほか、このままでは2,3年後には韓国にすら防衛費の額で抜かれようとしています。なぜこのような事になっているのか、そして防衛費の現状、今後の見通しなどについて見回してみたいと思います。

北朝鮮の発射したSLBMってどんなもの、日本に脅威はあるのでしょうか

北朝鮮の発射したSLBMってどんなもの、日本に脅威はあるのでしょうか

北朝鮮が、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)北極星3型を発射しました。ロフテッド軌道で発射したもので、通常軌道であれば2500キロ程度飛行するものとみられています。この北朝鮮の発射したSLBMとはそもそもどんなものなのでしょう、日本に脅威はあるのでしょうか

韓国消滅シナリオ:その1、ウオン安、外資逃避で韓国経済崩壊

韓国消滅シナリオ:その1、ウオン安、外資逃避で韓国経済崩壊

韓国経済崩壊、在韓米軍撤退、文在寅政権の迷走による日米からの離反(海洋国家からの離脱&大陸国家への傾倒)と、それぞれが起こりうる可能性が高まっており、これらが重なれば、韓国という国が消滅してしまうという最悪の事態が発生しうるというシナリオを取りまとめてみました。

韓国への輸出規制、政治、経済的観点ではなく軍事的観点から見てみた

韓国への輸出規制、政治、経済的観点ではなく軍事的観点から見てみた

韓国への輸出規制(フッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素)が話題になっています。多くの報道は、徴用工問題への報復や、日韓の様々な政治的な問題に結びつけて分析しています。中には結びつけるどころか報復や、禁輸措置などと断定している内容のものまであります。しかし、これらを軍事的観点から見てみると、また違った視界が開けてきます。あるいはもしかしたら、経済や政治的な問題では無く、本質的にはもっと違った問題がでてくるのかもしれません

韓国艦艇レーダー照射は、北朝鮮工作船拿捕現場を見られたから?

韓国艦艇レーダー照射は、北朝鮮工作船拿捕現場を見られたから?

韓国艦艇によるレーダー照射事件について、その後の報道や、情報から、韓国の艦艇が北朝鮮の工作船を支援していたか、あるいは逆に、北朝鮮政府の依頼により脱北などに使われた北朝鮮工作船を拿捕している現場を海上自衛隊のP-1哨戒機に見られたので慌てて、射撃管制レーダーを照射して追い払おうとした疑念が深まっています。