第48回衆議院選挙(2017)近畿ブロックの勝敗を予想する

第48回衆議院選挙(2017)近畿ブロックの勝敗を予想してみました。

各小選挙区毎にこれまでの個人や政党別獲得票数、立候補者の組み合わせ、政党別支持率などを勘案して、選挙の当落の予想をして取りまとめ

比例区では小選挙区の動向、支持率の動向と過去の得票数を見比べて、今回の得票数を予想し、ドント式で各党に議席を割り当ててみました。

全国の予想は下記記事をご覧下さい

第48回衆議院選挙(2017)各党の獲得議席数勝敗をガチに予想する

スポンサーリンク

衆議院選挙近畿ブロックの各党獲得議席の予想

まずは各党獲得議席数の分析結果

衆議院近畿ブロック小選挙区の各党獲得議席予想

小選挙区全47選挙区(前回より1減)

自民 29 → 28
無所属 1 →  0(自民党系)
公明  6 →  6
民進  7
希望    →  6
立憲    →  1
無所属   →  2(民進系無所属)
維新  5 →  4

衆議院近畿ブロック比例区の各党獲得議席予想

比例区議席全28議席(定数削減により1議席減)

自民 9 → 8
公明 4 → 5
民進 4
希望   → 2
立憲   → 2
維新 7 → 7
共産 4 → 4
無所属1

公明、共産党の獲得票数に大きな変動はないものと予想

自民は10%減に次世代票が加わるものとして計算

民進票は希望52.5%、立憲民主が48.5%に分割し、それぞれ10万票上乗せして計算

維新の党は得票数5%減で計算

ドント式で計算するため、分割されたあとの希望の党と立憲民主党の議席数は民進党時よりも少なくなります。

衆議院選挙近畿ブロック

衆議院選挙近畿ブロック、各党獲得議席予想のまとめ

小選挙区(全47議席)+比例区(定数29議席)合計76議席
(前回より定数減により1議席減)

自民  38 → 36
無所属  1 →  0
公明  10 → 11
民進  11
希望     →  8
立憲     →  3
無所属    →  2(民進系無所属)
維新  12 → 12
共産   4 →  4
無所属  1 →  0

スポンサーリンク

衆議院選挙近畿ブロック各小選挙区の分析

滋賀県
衆議院選挙滋賀選挙区
ウィキペディアから転載

滋賀1区

大津市と高島市が選挙区域になります。

今回立候補者
小坂淑子  77歳 社民 新 党県代表
大岡敏孝  45歳 自民 前 元財務政務官 ○
嘉田由紀子 67歳 無所属前 元知事

前回(47回)選挙結果
大岡敏孝  自民 78,567
川端達夫  民主 69,543
佐藤耕平  共産 21,790

嘉田さんは全県知事で知名度があるため予断を許さない状況ですが、希望の党系であることから、民進系支持者の票が割れることも考えられ

これまでの得票数から自民党の大岡さんの当選と予想します。

滋賀2区

彦根市、長浜市、米原市、東近江市の一部などが選挙区になります。

今回立候補者
田島一成  55歳 希望 前 元環境副大臣
上野賢一郎 52歳 自民 前 財務副大臣 ○
荒川雅司  42歳 幸福 新 幸福実現党員
対月慈照  64歳 無所属新 僧侶

前回(47回)選挙結果
上野賢一郎 自民 65,102
田島一成  民主 54,095
中川睦子  共産 14,163

これまでの得票数から自民党の上野さんが当選すると予想します。

滋賀3区

草津市、守山市、栗東市、野須市が選挙区域になります。

今回立候補者
小川泰江 54歳 希望 新 元守山市議
石堂淳士 43歳 共産 新 党地区委員長
武村展英 45歳 自民 前 元内閣府政務官 ○

前回(47回)選挙結果
武村展英 自民 70,789
小川泰江 民主 46,593
西川仁  共産 14,113

これまでの得票数から自民党の武村さんの当選と予想します。

滋賀4区

近江八幡市、東近江市の一部、甲賀市、湖南市、蒲生郡が選挙区域になります。

今回立候補者
西沢耕一 39歳 共産 新 党県委員
小寺裕雄 57歳 自民 新 元県議
徳永久志 54歳 希望 新 元参院議員 ○

前回(47回)選挙結果
武藤貴也 自民 60,460
岩永裕貴 維新 40,993
徳永久志 民主 40,902
西沢耕一 共産 13,687

今回は維新の岩永さんが立候補していないため、維新の票が流れる徳永さんが当選すると予想します。

京都府
衆議院選挙京都選挙区
ウィキペディアから転載

京都1区

京都市の北区、上京区、中京区、下京区、南区が選挙区域になります。

今回立候補者
伊吹文明 79 自民 前 元衆議院議長 ○
穀田恵二 70 共産 前 党国対委員長
嶋村聖子 40 希望 新 アナウンサー

前回(47回)選挙結果
伊吹文明 自民 73,684
穀田恵二 共産 53,379
田坂幾太 維新 36,353
平智之  無所属17,307
以下略

これまでの得票数から自民党の伊吹さんが当選すると予想します。

京都2区

京都市左京区、東山区、山科区が選挙区域になります。

今回立候補者
地坂拓晃  44歳 共産 新 党府常任委員
繁本護   44歳 自民 新 元国交省職員
前原誠司  55歳 無所属前 民進党代表

前回(47回)選挙結果
前原誠司 民主 66,227
上中康司 自民 37,180
原俊史  共産 27,888

これまでの得票数から無所属の前原さんが当選すると予想します。

京都3区

京都市伏見区、向日市、長岡京市、乙訓郡が選挙区域になります。

今回立候補者
泉健太    43歳 希望 前 元内閣府政務官
金森亨    61歳 共産 新 党府書記長
森夏枝    36歳 維新 新 党府女性局長
木村弥生   52歳 自民 前 党女性局次長
小田切新一郎 71歳 無所属新 元府立医大職員

前回(47回)選挙結果
泉健太   民進 65,051
森夏枝   維新 20,710
大野由紀子 こころ 6,449
以下略

前回(補欠選挙)は自民党の宮崎議員のスキャンダルによる辞任に伴う選挙で、自民党から立候補者がいない状態でした。

希望の泉さんについては、前回支援に回った共産党が今回は候補者を出していることから、票を減らすことが考えられ

これまでの自民党の得票数を考慮し、自民党の木村さんが当選すると予想します。

京都4区

京都市右京区、西京区、亀岡市、南丹市、船井郡が選挙区域になります。

今回立候補者
吉田幸一 43歳 共産 新 党府委員
北神圭朗 50歳 希望 前 元首相補佐官
縁田有希 27歳 幸福 新 幸福実現党員
田中英之 47歳 自民 前 党副幹事長 ○

前回(47回)選挙結果
田中英之  自民 75,744
北神圭朗  民主 58,692
吉田幸一  共産 32,895
畑本久仁枝 維新 26,175

前回の得票数から自民党の田中さんが当選すると予想します。

京都5区

福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、京丹後市、与謝郡が選挙区域になります。

今回立候補者
井上一徳  55歳 希望 新 元防衛省職員
中山泰   57歳 無所属新 元京丹後市長
山内健   49歳 共産 新 党府委員
鈴木麻理子 33歳 無所属新 元経営相談業
本田太郎  43歳 自民 新 弁護士 ○

前回(47回)選挙結果
谷垣禎一 自民 76,733
小原舞  民主 39,178
山内健  共産 19,558

自民党の谷垣さんの引退に伴い、自民党の新人本田さんが立候補しています。

保守系が強い地盤であることから自民党の本田さんが当選すると予想します。

京都6区

宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、木津川市などが選挙区域になります。

今回立候補者
山井和則 55歳 希望 前 元功労政務官 ○
上条亮一 31歳 共産 新 党府委員
安藤裕  52歳 自民 前 塗布副会長

前回(47回)選挙結果
山井和則 民主 102,030
安藤裕  自民  94,736
上条亮一 共産  33,690

前回と緒同じメンバーでの選挙になります。特に変動要因もないと考えられますので希望の党の山井さんが当選すると予想します。

大阪府
衆議院選挙大阪選挙区
衆議院選挙大阪選挙区中心部の区割り
ウィキペディアから転載

大阪1区

大阪市中央区、西区、港区、天王寺区、浪速区、東成区が選挙区域になります。

今回立候補者
井上英孝 45歳 維新 前 党組織局長
大西宏幸 50歳 自民 前 元大阪市議 ○
小泉修平 70歳 諸派 新 政治団体代表
村上賀厚 58歳 立憲 新 経営相談業
柴山昇  63歳 共産 新 党府委員

前回(47回)選挙結果
井上英孝 維新 75,016
大西宏幸 自民 71,648
柴山昇  共産 30,463

前回は維新の井上さんに自民の大西さんが肉薄している上に、今回は立憲から村上さんが立候補し、ある程度の票が流れる可能性があり、自民党の大西さんが当選すると予想します。

大阪2区

大阪市生野区、阿倍野区、東住吉区、平野区が選挙区域になります。

今回立候補者
尾辻かな子 42歳 立憲 新 元参院議員
椎木保   51歳 維新 前 党国対副委員長
佐藤章   66歳 自民 前 元防衛副大臣 ○

前回(47回)選挙結果
佐藤章  自民 78,326
椎木保  維新 56,026
山本陽子 共産 34,184

野党側の立候補者が共産党から立憲に変わりましたが、維新の票が若干流れるだけで、自民党の佐藤さんの得票に影響は少ないと考え、前回の得票数から、自民党の佐藤さんが当選すると予想します。

大阪3区

大阪市大正区、住之江区、住吉区、西成区が選挙区域になります。

今回立候補者
渡部結   36歳 共産 新 党准中央委員
佐藤茂樹  58歳 公明 前 元厚労副大臣 ○
中条栄太郎 48歳 無所属新 不動産会社社長

前回(47回)選挙結果
佐藤茂樹 公明 84,943
佐藤結  共産 63,529

これまでの得票数から公明党の佐藤さんが当選するものと予想します。

大阪4区

大阪市北区、豊島区、福島区、城東区が選挙区域になります。

今回立候補者
中山泰秀 47歳 自民 前 元外務副大臣 ○
清水忠史 49歳 共産 前 党准中央委員
美延映夫 56歳 維新 新 元大阪市会議長

前回(47回)選挙結果
中山泰秀 自民 82,538
吉村洋文 維新 74,101
清水忠史 共産 31,478
吉田治  無所属24,213

前回の得票数から自民の中山さんが当選すると予想します。

大阪5区

大阪市此花区、西淀川区、淀川区、東淀川区が選挙区域になります。

今回立候補者
数森圭吾 38歳 幸福 新 幸福実現党員
国重徹  42歳 公明 前 党法務部会長 ○
長尾秀樹 65歳 立憲 新 元大阪市議
北山良三 65歳 共産 新 元大阪市議

前回(47回)選挙結果
国重徹  公明 92,681
石井美鈴 共産 68,430

これまでの得票数から公明党の国重さんが当選すると予想します。

衆議院選挙大阪中心部の選挙区

大阪6区

大阪市旭区、鶴見区、守口市、門真市が選挙区域になります。

今回立候補者
村上史好 65歳 立憲 元 元大阪市議
伊佐進一 42歳 公明 前 党青年副委員長 ○

前回(47回)選挙結果
伊佐進一 公明 94,308
渡司孝一 共産 42,265
村上史好 生活 30,792

今回は共産党が立候補していないので村上さんの票に共産党の票が加わりますが、それでも公明党伊佐さんの票に届かないため、公明党の伊佐さんが当選すると予想します。

大阪7区

吹田市、摂津市が選挙区域になります。

今回立候補者
奥下剛光   42歳 維新 新 建材会社役員
渡嘉敷奈緒美 55歳 自民 前 環境副大臣 ○
村上久美子  45歳 共産 新 党地区委員

前回(47回)選挙結果
渡嘉敷奈緒美 自民 81,109
上西小百合  維新 67,719
村上久美子  共産 38,928

話題の上西議員が立候補せず維新は新人が立候補となったが、これまでの得票数から自民党の渡嘉敷産が当選すると予想します。

衆議院選挙大阪選挙区の区割り

大阪8区

豊中市が選挙区域になります。

今回立候補者
松井博史 49歳 立憲 新 NPO法人理事
大塚高司 53歳 自民 前 元国交政務官 ○
木下智彦 48歳 維新 前 党青年局長
新井真  57歳 共産 新 元豊中市議

前回(47回)選挙結果
大塚高司 自民 67,055
木下智彦 維新 62,522
山端光子 共産 19,897
服部良一 社民 11,286
以下略

前回は維新の木下さんが自民の大塚さんに肉薄したものの、今回は立憲の松井さんに、ある程度票が分散すると思われ

社民の票は立憲、共産に分散すると思われるので

自民党の大塚さんが当選すると予想します。

大阪9区

池田市、茨木市、箕面市、豊能郡が選挙区域になります。

今回立候補者
服部良一 67歳 社民 元 党常任幹事
足立康史 52歳 維新 前 元経産省職員
原田憲治 69歳 自民 前 元総務副大臣 ○

前回(47回)選挙結果
原田憲治  自民 95,667
足立康史  維新 91,400
垣田千恵子 共産 31,165
辻恵    無所属13,264

僅差ですが前回の得票数から自民党の原田さんが当選すると予想します。

大阪10区

高槻市と三島郡が選挙区域になります。

今回立候補者
辻元清美 57歳 立憲 前 党政調会長 ○
大隈和英 48歳 自民 前 外科医師
松波健太 46歳 維新 前 元厚労政務官

前回(47回)選挙結果
辻元清美 民主 61,725
大熊和英 自民 53,160
松波健太 維新 50,516
浅沼和仁 共産 14,318

今回は共産党が立候補しておらず、辻本さんに票が回ると考えられるので、立憲の辻本さんが当選すると予想します。

大阪11区

枚方市、交野市が選挙区域になります。

今回立候補者
平野博文  68歳 無所属前 元官房長官 ○
伊東信久  53歳 維新 前 党国際局長
佐藤ゆかり 56歳 自民 前 元経産政務官

前回(47回)選挙結果
佐藤ゆかり 自民 73,931
平野博文  民主 61,216
伊東信久  維新 58,321
三和智之  共産 20,449

今回は共産党が立候補しておらずその分の票は無所属の平野さんに流れると考えられるので、無所属の平野さんが当選すると予想します。

大阪12区

寝屋川市、大東市、四條畷市が選挙区域になります。

今回立候補者
藤田文武 36歳 維新 新 会社社長
松尾正利 58歳 共産 新 党地区委員長
北川知克 65歳 自民 前 元環境副大臣 ○

前回(47回)選挙結果
北川知克 自民  68,817
樽床伸二 民主  43,265
堅田壮一郎 維新 41,649
吉井芳子  共産 18,257

今回は野党は、維新と共産しか立候補していないものの、これまでの自民党の北側さんの実績から、北川さんが当選すると予想します。

大阪13区

東大阪市が選挙区域になります。

今回立候補者
西野弘一 48歳 無所属 元 元府議
宗清皇一 47歳 自民  前 党府副会長
長岡嘉一 48歳 共産  新 東大阪市議
青野剛暁 43歳 維新  新 元府議
姜英紀  45歳 立憲  新 元NHK職員

前回(47回)選挙結果
宗清皇一 自民 91,931
西野弘一 次世代61,136
荒屋恵美子共産 33,384

今回は野党が乱立していることやこれまでの得票数から自民党の宗清さんが当選すると予想します。

大阪14区

八尾市、柏原市、羽曳野市、藤井寺市が選挙区域になります。

今回立候補者
小松久 60歳 共産 新 元府議
谷畑孝 70歳 維新 前 元厚労副大臣 ○
長尾敬 54歳 自民 前 元衆院外務委理事

前回(47回)選挙結果
谷畑孝  維新 78,332
長尾敬  自民 76,555
野沢倫昭 共産 35,194
三宅博  次世代12,030

前回は僅差でしたから微妙なところですが、基本的に維新党が強い地域と考え、今回も維新の谷畑さんが当選すると予想します。

衆議院選挙大阪選挙区の区割り

大阪15区

堺市美原区、富田林市、河内長野市、松原市、大阪狭山市、南河内郡

今回立候補者
竹本直一 76歳 自民 前 元財務副大臣 ○
為仁史  68歳 共産 新 党地区委員
浦野靖人 44歳 維新 前 元府議

前回(47回)選挙結果
竹本直一 自民 86,297
浦野靖人 維新 74,483
為仁史  共産 30,840

前回の得票数から自民党の竹本さんが当選すると予想します。

大阪16区

堺市堺区、東区、北区が選挙区域になります。

今回立候補者
森山浩行 46歳 立憲 元 元府議
北川一雄 64歳 公明 前 元国交相 ○

前回(47回)選挙結果
北川一雄 公明 66,673
森山浩行 民主 38,331
西村眞吾 次世代26,567
益修一  共産 22,809

立憲の森山さんの票に、今回立候補しない共産党の票を加えても公明の北側さんの票に達しないので公明党の北川さんが当選すると予想します。

大阪17区

堺市中区、西区、南区が選挙区域になります。

今回立候補者
岡下昌平 42歳 自民 前 党青年局次長
馬場伸幸 52歳 維新 前 党幹事長 ○
藤本幸子 42歳 共産 新 党地区常任委員

前回(47回)選挙結果
馬場伸幸 維新 70,196
岡下昌平 自民 63,219
吉岡孝嘉 共産 27,151

これまでの得票数から維新の馬場さんが当選すると予想します。

大阪18区

岸和田市、泉大津市、和泉市、高石市、泉北郡が選挙区域になります。

今回立候補者
遠藤敬  49歳 維新 前 党国対委員長 ○
矢野忠重 67歳 共産 新 党地区副委員長
神谷昇  68歳 自民 前 元泉大津市長

前回(47回)選挙結果
遠藤敬  維新 88,638
神谷昇  自民 82,460
矢野忠重 共産 29,275

これまでの得票数から維新の遠藤さんが当選すると予想します。

大阪19区

貝塚市、泉佐野市、泉南市、阪南市、泉南郡が選挙区域になります。

今回立候補者
谷川とむ 41歳 自民 前 党青年局次長
丸山穂高 33歳 維新 前 党国会政調役員 ○
北村みき 51歳 共産 新 元中学校教諭

前回(47回)選挙結果
丸山穂高 維新 56,116
谷川とむ 自民 51,223
長安豊  民主 33,010
北村みき 共産 11,740

今回は民主の長安さんが立候補しておらず、民主党の票は維新の方に流れると考え、前回僅差で勝利している維新の丸山さんが当選すると予想します。

兵庫県
衆議院選挙兵庫選挙区の区割り
ウィキペディアから転載

兵庫1区

神戸市東灘区、灘区、中央区が選挙区域になります。

今回立候補者
力重智之 39歳 共産 新 党県常任委員
梅村聡  42歳 維新 新 元参院議員
盛山正仁 63歳 自民 前 元法務副大臣 ○
井坂信彦 43歳 希望 前 元神戸市議

前回(47回)選挙結果
井坂信彦  維新 84,822
盛山正仁  自民 72,791
筒井哲二朗 共産 25,875

前回維新から立候補している井坂さんが今回は希望から立候補しており、維新から出ている梅村さんと票を分け合うことが予想されることから、自民党の盛山さんが当選すると予想します。

兵庫2区

神戸市兵庫区、長田区、北区、西宮市の一部が選挙区域になります。

今回立候補者
船川治郎 50歳 無所属 新 飲食店経営
赤羽一嘉 59歳 公明  前 元経産副大臣 ○
平松順子 68歳 共産 新 党県常任委員

前回(47回)選挙結果
赤羽一嘉 公明 78,131
向山好一 民主 48,796
平松順子 共産 31,575

これまでの得票数から公明党の赤羽さんが当選すると予想します。

兵庫3区

神戸市須磨区、垂水区が選挙区域になります。

今回立候補者
冨士谷香恵子 65歳 共産 新 党地区委員
松木秀一郎  33歳 維新 新 元会社員
関芳弘    52歳 自民 前 党副幹事長 ○
横畑和幸   45歳 希望 新 元神戸市議

前回(47回)選挙結果
関芳弘    自民 63,022
新原秀人   維新 33,062
横畑和幸   民主 24,402
和田有一郎  次世代19,343
冨士谷香恵子 共産 17,690

これまでの得票数から自民党の関さんが当選すると予想します。

兵庫4区

神戸市西区、西脇市、三木市、小野市、加西市、加東市、多可郡多可町が選挙区域になります。

今回立候補者
藤井比早之 46歳 自民 前 元国交政務官 ○
佐藤泰樹  46歳 無所属新 元商社社員
野口威光  43歳 希望 新 元衆議院秘書
大椙鉄夫  69歳 共産 新 党地区委員長

前回(47回)選挙結果
藤井比早之 自民 111,544
永井寿也  維新  62,506
林政人   共産  29,990

これまでの得票数から自民党の藤井さんの当選と予想します。

兵庫5区

豊岡市、川西市の一部、三田市、篠山市、養父市、丹波市、朝来市、川辺郡、美方郡が選挙区域になります。

今回立候補者
西中孝男 68歳 共産 新 元三田市議
梶原康弘 61歳 希望 元 元農水政務官
谷公一  65歳 自民 前 元復興副大臣 ○

前回(47回)選挙結果
谷公一  自民 110,439
三木圭恵 維新  60,337
西中孝男 共産  23,189

これまでの得票数から自民党の谷さんが当選すると予想します。

兵庫6区

伊丹市、宝塚市、川西市の一部が選挙区域になります。

今回立候補者
幾村奈応子 37歳 希望 新 元衆議院秘書
桜井周   47歳 立憲 新 元伊丹市議
市村浩一郎 53歳 維新 元 元国交政務官
大串正樹  51歳 自民 前 経産政務官 ○

前回(47回)選挙結果
大串正樹 自民 116,328
辻泰弘  民主  61,902
吉岡健次 共産党 34,647
杉田水脈 次世代 24,877

これまでの得票数から自民党の大串さんが当選すると予想します。

兵庫7区

西宮市の一部、芦屋市が選挙区域になります。

今回立候補者
上田幸子 69歳 共産 新 元西宮市議
畠中光成 45歳 希望 元 保護司
三木圭恵 51歳 維新 元 党副代表
山田賢司 51歳 自民 前 党県副会長 ○

前回(47回)選挙結果
山田賢司  自民 89,813
畠中光成  維新 63,856
石井登志郎 民主 39,357
大前春代  無所属28,161
浜本鶴男  共産 21,996

前回自民は分裂選挙でしたが、今回は統一候補ですし野党が分裂した状態ですから、これまでの得票数からみても自民党の山田さんが当選すると予想します。

衆議院選挙兵庫選挙区の区割り

兵庫8区

尼崎市が選挙区域になります。

今回立候補者
堀内照文 44歳 共産 前 党准中央委員
中野洋昌 39歳 公明 前 党国対副委員長 ○

前回(47回)選挙結果
中野洋昌 公明 94,687
庄本悦子 共産 60,849

これまでの得票数から公明党の中野さんが当選すると予想します。

兵庫9区

明石市、洲本市、南あわじ市、淡路市が選挙区域になります。

今回立候補者
西村康稔 55歳 自民 前 官房副長官 ○
菊池憲之 61歳 無所属新 新社会党県役員
川戸康嗣 42歳 希望 新 経営相談業

前回(47回)選挙結果
西村康稔  自民 126,491
新町美千代 共産  42,694

これまでの得票数から自民党の西村さんの当選と予想します。

兵庫10区

加古川市、高砂市、加古郡が選挙区域になります。

今回立候補者
渡海紀三朗 69歳 自民 前 元文科相 ○
金田峯生  52歳 共産 新 元県議
柘植厚人  45歳 希望 新 行政書士

前回(47回)選挙結果
渡海紀三朗 自民 89,792
松井雅博  維新 51,316
伊沢孝典  共産 24,162

これまでの得票数から自民党の渡海紀さんの当選と予想します。

兵庫11区

姫路市の一部が選挙区域になります。

今回立候補者
長安豊  49歳 希望 元 元国交副大臣
松本剛明 58歳 自民 前 元外相 ○
稲村知  57歳 共産 新 党地区委員

前回(47回)選挙結果
松本剛明 民主 90,182
頭師暢秀 自民 74,562
苦瓜一成 共産 17,020

元々民主党の松本さんが今回自民党から立候補、判断に迷うところだが、これまでの松本さんの得票数や知名度を考慮し、今回も自民党の松本さんが当選と予想します。

兵庫12区

相生市、赤穂市、たつの市、穴栗市、姫路市の一部などが選挙区域になります。

今回立候補者
池畑浩太郎 43歳 希望 新 元県議
山口壮   63歳 自民 前 元外務副大臣 ○
堀譲    67歳 共産 新 元たつの市議

前回(47回)選挙結果
山口壮    無所属 77,654
戸井田真太郎 無所属 42,664
村上賀厚   維新  27,835
堀譲     共産  14,871

山口さんは元々民主党だったが、後に自民党に移り、前回は自民党どうしの戦いに勝利している。

これまでの山口さんの得票数から自民党の山口さんの当選と予想する。

奈良県
衆議院選挙奈良選挙区の区割り
ウィキペディアから転載

奈良1区

奈良市の一部、生駒市が選挙区域になります。

今回立候補者
井上良子 53 共産 新 党県常任委員
小林茂樹 53歳 自民 元 元県議
吉野忠男 58歳 維新 新 大阪経済大教授
馬淵澄夫 57歳 希望 前 元国交相 ○

前回(47回)選挙結果
馬淵澄夫 民主 79,265
小林茂樹 自民 67,473
谷川和広 共産 16,996

これまでの実績からいうと馬淵さんの当選の可能性が高いですが、自民党とのこれまで得票数の差は1万票程度であり、今回は前回と異なり維新から候補者が出ていることから、票が一部流れることが予想されます。

僅差ですが僅かに知名度で優る希望の党の馬淵さんが当選と予想します。

奈良2区

奈良市の一部、大和郡山市、天理市、香芝市などが選挙区域になります。

今回立候補者
松本昌之 34歳 希望 新 弁護士
霜鳥純一 56歳 共産 新 党県委員
高市早苗 56歳 自民 前 元総務相 ○

前回(47回)選挙結果
高市早苗 自民 96,218
中村哲治 生活 38,781
和泉信丈 共産 21,937

これまでの得票数から自民党の高市さんが当選すると予想します。

奈良3区

大和高田市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、葛城市、宇陀市などが選挙区域になります。

今回立候補者
田野瀬太道 43歳 自民 前 元文科政務官 ○
所進    38歳 共産 新 病院事務職員
前川清成  54歳 希望 新 元参院議員

前回(47回)選挙結果
奥野信亮  自民 79,334
栗原絵里子 維新 46,556
正木敦   共産 24,828

これまでの自民党の得票数から自民党の田野瀬さんが当選すると予想します。

和歌山県
衆議院選挙和歌山選挙区の区割り

和歌山1区

和歌山市が選挙区域になります。

今回立候補者
原矢寸久 66歳 共産 新 党県副委員長
岸本周平 61歳 希望 前 元経産政務官 ○
門博文  52歳 自民 前 党県会長代行

前回(47回)選挙結果
岸本周平 民主 67,740
門博文  自民 59,937
国重秀明 共産 14,027

これまでの得票数から希望の岸本さんが当選すると予想します。

和歌山2区

海南市、橋本市、有田市、紀の川市、岩出市などが選挙区域になります。

今回立候補者
下村雅洋 62歳 共産 新 党県常任委員
栄隆則  53歳 維新 新 党県常任委員
石田真敏 65歳 自民 前 元財務副大臣 ○
坂田隆徳 38歳 希望 新 元衆議院秘書

前回(47回)選挙結果
石田真敏 自民 71,167
阪口直人 維新 39,799
富岡清彦 共産 15,415

これまでの得票数から自民党の石田さんの当選と予想します。

和歌山3区

御坊市、田辺市、新宮市などが選挙区域になります。

今回立候補者
楠本文郎 63歳 共産 新 元御坊市議
二階俊博 78歳 自民 前 党幹事長 ○

前回(47回)選挙結果
二階俊博 自民 108,257
原矢寸久 共産  33,260

これまでの得票数から自民党の二階さんが当選と予想します。

まとめ

各党別獲得議席数のまとめを再掲載します。

小選挙区(全47議席)+比例区(定数29議席)合計76議席
(前回より定数減により1議席減)

自民  38 → 36
無所属  1 →  0
公明  10 → 11
民進  11
希望     →  8
立憲     →  3
無所属    →  2(民進系無所属)
維新  12 → 12
共産   4 →  4
無所属  1 →  0

都市部の近畿圏では大きな変動があるかと思いましたが、予想外に変動はなく、解散時と勢力図に大きな変化はありませんでした。

希望の党に勢いが見られず、立憲民主党も、立候補者の数に限界がある以上、結果的に大きな変動はないものと予想せざるを得ませんでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする