第48回衆議院選挙(2017)九州ブロックの勝敗を予想する

第48回衆議院選挙(2017)九州ブロックの勝敗を予想してみました。

各小選挙区毎に大まかな事情と、立候補者の顔ぶれ、過去の政党別得票率などからそれぞれの選挙区の当選者を予想し

さらに九州ブロック全体の傾向や、政党支持率などから、比例区の当選人数を割り出してみました。

魚屋の政治談義だといえばそれまでですが、選挙区によっては顔ぶれを見るだけで、多少の選挙動向が変わっても当落がひっくり返る可能性のない選挙区も多く

全部の選挙区で、客観的に分析すればそれなりの精度で、選挙結果を予想出来ると考えます。

全国の予想は下記記事をご覧下さい

第48回衆議院選挙(2017)各党の獲得議席数勝敗をガチに予想する

スポンサーリンク

衆議院選挙九州ブロックの各党獲得議席の予想

まずは各党獲得議席数の分析結果

衆議院九州ブロック小選挙区の各党獲得議席予想

小選挙区全35選挙区(定数削減により2議席減)

自民 30 → 28
公明  0 →  0
民進  2
希望  1 →  2
立憲    →  0
無所属   →  1(民進系無所属)
共産  1 →  1
社民  1 →  1
自由  1
無所属 1 →  2

衆議院選挙九州ブロック

衆議院九州ブロック比例区の各党獲得議席予想

比例区議席(定数20議席)定数削減により1議席減

自民 8 → 7
公明 4 → 4
民進 4
希望   → 2
立憲   → 2
維新 2 → 2
共産 2 → 2
社民 1 → 1

自民党で若干の取りこぼしが有ったほかは、九州ではやはり圧倒的に自民党が強く、大きな変動はないものと予想しました。

衆議院選挙九州ブロック、各党獲得議席予想のまとめ

小選挙区(全35議席)+比例区(定数21議席)合計56議席

自民 38 → 36
公明  4 →  4
民進  4
希望    →  4
立憲    →  2
無所属   →  1(民進系無所属)
維新  2 →  2
共産  3 →  3
社民  2 →  2

比例区でも、大きな風は吹いていない現状で、各党の得票数に大きな変動は無く、自民党が若干の減少、希望の党、立憲民主党がやや増、維新が僅かに減でドント式で比例配分したところ、維新が前回選挙時より1議席減になっただけでした。
(次世代の党の分は自民党に配分)

スポンサーリンク

衆議院選挙各小選挙区の分析

福岡県
衆議院選挙福岡選挙区
ウィキペディアから転載

福岡1区

福岡市東区、博多区が選挙区域になります。

今回立候補者
山本剛正 45歳 立憲 元 元衆議院秘書
石井英俊 41歳 希望 新 NPO理事
立川孝彦 66歳 共産 新 党地区委員長
井上貴博 55歳 自民 前 党国対副委員長 ○

前回(47回)選挙結果
井上貴博 無所属 59,712
山本剛正 民主  42,960
新開祐司 無所属 31,087
比江嶋俊和共産  18,906
以下略

前回は自民党が分裂選挙(井上さんと新開さん)ながら議席を獲得していること

逆に今回は希望の党と、立憲民主党が分裂選挙になっていることを考えると、自民党の井上さんが議席を獲得すると予想します。

福岡2区

福岡市中央区、南区の一部、城南区の一部が選挙区域になります。

今回立候補者
鬼木誠  45歳 自民 前 元環境政務官 ○
稲富脩二 47歳 希望 元 元商社社員
松尾律子 45歳 共産 新 党地区常任委員

前回(47回)選挙結果
鬼木誠  自民 102,241
稲富脩二 民主  83,535
倉元達朗 共産  17,200
以下略

前回の得票数から、今回も自民党の鬼木さんが当選すると予想します。

福岡3区

福岡市早良区、西区、城南区の一部が選挙区域になります。

今回立候補者
山内康一 44歳 立憲 元 元JICA職員
古賀篤  45歳 自民 前 元総務政務官 ○

前回(47回)選挙結果
古賀篤  自民 114,093
藤田一枝 民主  65,395
川原康裕 共産  19,164

今回は共産党の票が立憲民主党の山内さんに上積みになりますが、それでも自民党の古賀さんに届きませんので、古賀さんの当選と予想します。

福岡4区

宗像市、福津市、古賀市、糠屋郡が選挙区域になります。

今回立候補者
宮内秀樹 55歳 自民 前 党副幹事長 ○
河野正美 56歳 維新 前 党県代表
新留清隆 62歳 共産 新 党地区委員長

前回(47回)選挙結果
宮内秀樹 自民 91,222
河野正美 維新 54,663
新留清隆 共産 23,285

前回と同じ顔ぶれです。自民党の宮内さんが当選すると予想します。

福岡5区

福岡市南区の一部、筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、朝倉市などの選挙区域になります。

今回立候補者
原田義昭 73歳 自民 前 元文科副大臣 ○
楠田大蔵 42歳 希望 元 元防衛政務官
田中陽二 61歳 共産 新 党地区委員長

前回(47回)選挙結果
原田義昭 自民 113,736
楠田大蔵 民主  73,805
田中陽二 共産  21,251

前回と同じ顔ぶれです。自民党の原田さんが当選すると予想します。

福岡6区

久留米市、大川市、小郡市、うきは市などが選挙区になります。

今回立候補者
西原忠弘  62歳 幸福 新 幸福実現党
小林解子  37歳 共産 新 党地区委員長
鳩山二郎  38歳 自民 前 元大川市長 ○
新井富美子 50歳 所属 新 民進党県副代表

前回(47回)補欠選挙結果(2016.10.23)
鳩山二郎  自民 106,531
新井富美子 民進  40,020
藏内謙   無所属 22,253
以下略

鳩山邦夫さんの死去に伴う補欠選挙が行われたばかりで次男の二郎さんが大勝していることから、今回も鳩山さんの勝利と予想します。

福岡7区

大牟田市、柳川市、八女市、筑後市、みやま市、八女郡が選挙区域になります。

今回立候補者
江口学 43歳 共産 新 党地区副委員長
原圭助 39歳 希望 新 衆議院秘書
藤丸敏 57歳 自民 前 元防衛政務官 ○

前回(47回)選挙結果
藤丸敏 自民 95,796
江口学 共産 40,003

これまでの得票数から自民党の藤丸さんが当選すると予想します。

福岡8区

直方市、飯塚市、嘉麻市、中間市、宮若市などが選挙区になります。

今回立候補者
麻生太郎  77歳 自民 前 副総理 ○
宮嶋つや子 66歳 共産 新 党地区常任委員

前回(47回)選挙結果
麻生太郎 自民 126,684
河野祥子 共産  50,947

こまでの得票数から、自民党の麻生さんが当選すると予想します。

福岡9区

北九州市若松区、八幡東区、八幡西区、戸畑区が選挙区域になります。

今回立候補者
真島省三  54歳 共産 新 党准中央委員
緒方林太郎 44歳 希望 前 元民進党県代表
三原朝彦  70歳 自民 前 元防衛政務次官 ○

前回(47回)選挙結果
三原朝男  自民 87,892
緒方林太郎 民主 71,871
真島省三  共産 26,443

前回と同じメンバーです。自民党の三原さんが当選すると予想します。

福岡10区

北九州市門司区、小倉北区、小倉南区が選挙区域になります。

今回立候補者
田村貴昭 56歳 共産 前 元北九州市議
山本幸三 69歳 自民 前 元地方創生相 ○
城井崇  44歳 希望 元 元文科政務官

前回(47回)選挙結果
山本幸三  自民 81,567
城井崇   民主 58,599
高瀬菜穂子 共産 25,941
佐藤正夫  無所属18,400

これまでの得票から自民党の山本さんが当選すると予想します。

福岡11区

田川市、行橋市、豊前市などが選挙区域になります。

今回立候補者
村上智信 48歳 希望 新 元経産省職員
武田良太 49歳 自民 前 元防衛副大臣 ○
竹内信昭 64歳 社民 新 党県副代表

前回(47回)選挙結果
武田良太  自民 85,488
藤中寛之  社民 24,138
山下登美子 共産 20,694

これまでの得票数から自民党の武田さんが当選すると予想します。

佐賀県
衆議院選挙佐賀選挙区
ウィキペディアから転載

佐賀1区

佐賀市、鳥栖市、神埼市などが選挙区域になります。

今回立候補者
岩田和親 44歳 自民 前 党青年局次長
中島徹  43歳 幸福 新 幸福実現党員
原口一博 58歳 無所属前 元総務相 ○

前回(47回)選挙結果
原口一博 民主 85903
岩田和親 自民 83,421
古賀誠  共産 11,483

前回は僅差で勝利している原田さんですが今回は無所属からの出馬で、共産党の票が期待出来ることから無所属の原口さんが当選すると予想します。

佐賀2区

唐津市、多久市、伊万里市、武雄市、鹿島市、小城市、嬉野市などが選挙区域になります。

今回立候補者
大森斉  62歳 共産 新 元北茂安町議
大串博志 52歳 希望 前 元民進党役員
古川康  59歳 自民 前 元知事 ○

前回(47回)選挙結果
古川康   自民 114,074
大串博志  民主  82,383
御厨さとみ 共産   8,812

前回の得票数から自民党の古川さんが当選すると予想します。

長崎県
衆議院選挙長崎選挙区

長崎1区

長崎市の一部が選挙区域になります。

今回立候補者
冨岡勉  69歳 自民 前 元文科副大臣 ○
西岡秀子 53歳 希望 新 元参議委員秘書
牧山隆  60歳 共産 新 元長崎市議

前回(47回)選挙結果
冨岡勉  自民 76,247
高木義明 民主 74,218
中西敦信 共産 16,867

前回まで自民党と民主党は接戦であったため今回も僅差となる事が予想されるが、前回自民が勝っており、今回野党側の候補者が変わることもあり自民有利と見て、自民党冨岡さんの勝利と予想します。

長崎2区

長崎市の一部、島原市、諫早市、雲仙市、南島原市などが選挙区域になります。

今回立候補者
近藤一宇 68歳 共産 新 元小学校教諭
山口初實 69歳 希望 新 元県議
加藤寛治 71歳 自民 前 元農水政務官 ○

前回(47回)選挙結果
加藤寛治  自民 86,359
大久保潔重 民主 65,942
矢崎克己  共産 11,228

これまでの得票数から自民党の加藤さんが当選すると予想します。

長崎3区

佐世保市、大村市、壱岐市、五島市、津島市などが選挙区域になります。

今回立候補者
末次精一 54歳 希望 新 元県議
石丸完治 68歳 共産 新 党県常任委員
谷川弥一 76歳 自民 前 元文科副大臣 ○
口石竜三 48歳 維新 新 保険会社員

前回(47回)選挙結果
谷川弥一 自民 82,354
石丸完治 共産 31,650

これまでの得票数に加え、希望の党と、維新が同時に立候補しており自民党の谷川さんが当選すると予想します。

長崎4区

佐世保市の一部、平戸市、松浦市、西海市などが選挙区域になります。

今回立候補者
北村誠吾 70歳 自民 前 元防衛副大臣 ○
宮島太典 54歳 希望 元 元防衛政務官
石川悟  65歳 共産 新 党県常任委員

前回(47回)選挙結果
北村誠吾 自民 61,533
宮島太典 民主 42,690
末次精一 生活  9303
石川悟  共産  6,319
以下略

これまでの得票数から自民党の北村村の当選と予想します。

熊本県
衆議院選挙熊本選挙区
ウィキペディアから転載

熊本1区

熊本市中央区、東区、北区が選挙区域になります。

今回立候補者
木原稔  48歳 自民 前 財務副大臣 ○
松野頼久 57歳 希望 前 元官房副長官

前回(47回)選挙結果
木原稔  自民 87,111
松野頼久 維新 73,274
高木征尚 共産 14,947

希望の松野さんは前回の票に共産党票が乗れば僅差で逆転するものの、希望の党がイマイチ伸び悩んでいることや、希望の党と共産党が完全に相乗り出来るのかよということを考えると

僅かに木原さんの方が優勢と考え、自民党の木原さんが当選すると予想します。

熊本2区

熊本市西区、南区、荒尾市、玉名市などが選挙区域になります。

今回立候補者
西野太亮 39歳 無所属 新 元財務省職員
木下順子 58歳 幸福  新 幸福実現党員
野田毅  76歳 自民  前 元自治相 ○
和田要  68歳 社民  新 大学客員教授

前回(47回)選挙結果
野田毅  自民 92,837
広瀬由美 共産 36,769

保守としては無所属の西野さんと自民の野田さんが割れた格好だが、西野さんにはこれまでの実績がないことや、これまでの獲得票数から自民党の野田さんの当選と予想します。

熊本3区

山鹿市、菊池市、阿蘇市、合志市などが選挙区域になります。

今回立候補者
関根静香 27歳 共産 新 保育士
坂本哲志 66歳 自民 前 元総務副大臣 ○

前回(47回)選挙結果
坂本哲志  自民 100,824
芋生よしや 共産  29,981

これまでの得票数から自民党の坂元さんの当選と予想します。

熊本4区

八代市、人吉市、天草市、宇土市などが選挙区域になります。

今回立候補者
矢上雅義 57歳 立憲 元 元相良村長
金子恭之 56歳 自民 前 元国交副大臣 ○

前回(47回)選挙結果
園田博之 次世代 101,581
井芹英次 共産   32,223

保守系の強い地域と判断し、自民党の金子さんが当選すると予想します。

大分県
衆議院選挙大分選挙区
ウィキペディアから転載

大分1区

大分市の一部が選挙区です

今回立候補者
吉良州司 59歳 希望 前 元外務副大臣 ○
古手川恵 61歳 共産 新 元大分市議
穴見陽一 48歳 自民 前 党国際局次長

前回(47回)選挙結果
吉良州司 民主 94,893
穴見陽一 自民 88,507
山本茂  共産 13,113

これまでの得票数から希望の党に吉良さんが当選すると予想します。

大分2区

大分市の一部、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後大野市、由布市、玖珠郡が選挙区域になります。

今回立候補者
吉川元   51歳 社民 前 党副幹事長
上田敦子  50歳 幸福 新 幸福実現党員
衛藤征士郎 76歳 自民 前 元衆院副議長 ○

前回(47回)選挙結果
衛藤征士郎 自民 86,363
吉川元   社民 59,775
山下魁   共産 17,907

今回は社民の吉川さんに共産党の18,000票が加わりますが、それでも自民党の衛藤さんの得票数に届きませんので、自民党の衛藤さんの当選と予想します。

大分3区

別府市、中津市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、国東市などが選挙区域になります。

今回立候補者
岩屋毅  60歳 自民 前 元外務副大臣 ○
横光克彦 73歳 立憲 元 元環境副大臣

前回(47回)選挙結果
岩屋毅  自民 106,257
浦野英樹 民主  48,389
大塚光義 共産  17,657

今回は共産党が立候補していませんが、共産党の票を立憲の横光さんに足しても岩屋さんに届かないですから、自民党の岩屋さんの当選と予想します。

宮崎県
衆議院選挙宮崎選挙区
ウィキペディアから転載

宮崎1区

宮崎市などが選挙区域になります。

今回立候補者
外山斎  41歳 希望 新 元参院議員
内田静雄 68歳 共産 新 党地区常任委員
武井俊輔 42歳 自民 前 元外務政務官

前回(47回)選挙結果
武井俊輔 自民 89,171  ○
外山斎  維新 39,394
村尾英俊 民主 23,127
松本隆  共産 12,871

前回の外山さんの票に民主の村尾さんの票を足しても自民党の武井さんに届かないので武井さんの当選と予想します。

宮崎2区

延岡市、日向市、西都市などが選挙区域になります。

今回立候補者
河野一郎 57歳 幸福 新 幸福実現党員
黒木万治 69歳 共産 新 党地区副委員長
江藤拓  57歳 自民 前 元農水副大臣 ○

前回(47回)選挙結果
江藤拓  自民 111,850
吉田貴行 共産  30,841

これまでの江藤さんの得票数から、自民党の江藤さんの当選と予想します。

宮崎3区

都城市、日南市、小林市、串間市、えびの市などが選挙区域になります。

今回立候補者
井福美年 68歳 共産 新 党県委員
古川禎久 52歳 自民 前 元財務副大臣 ○
花輪智史 51歳 希望 新 元参議院秘書

前回(47回)選挙結果
古川禎久 自民 108,051
来住一人 共産  29,599

これまでの獲得票数から自民党の古川さんが当選すると予想します。

鹿児島県
衆議院選挙鹿児島選挙区
ウィキペディアから転載

鹿児島1区

鹿児島市の一部、鹿児島郡が選挙区域になります。

今回立候補者
川内博史  55歳 立憲 元 元衆院国交委員長
宮崎一博  57歳 無所属新 税理士
山之内毅  35歳 維新 元 党県代表
保岡宏武  44歳 自民 新 元衆議院秘書 ○

前回(47回)選挙結果
保岡興治 自民 67,376
川内博史 民主 47,315
山之内毅 維新 30,133
山口広延 共産  8,024

保岡興治氏の病気に伴い長男の宏武さんが立候補しており、父親の票を受け継ぐものと思われます。

民主の川内さんは今回は立憲から立候補し、共産党票の上積みが期待されるものの保岡さんの票に届かないことから、自民党の保岡さんの当選と予想します。

鹿児島2区

鹿児島市の一部、枕崎市、奄美市、指宿市、南さつま市、南九州市、大島郡が選挙区域になります。

今回立候補者
林健二   40歳 無所属新 元県議
祝迫光治  74歳 共産 新 元党県委員長
斉藤佳代  38歳 希望 新 農協職員
金子万寿夫 70歳 自民 前 元県会議長 ○

前回(47回)選挙結果
金子万寿夫 自民 91,670
祝迫光治  共産 31,823

これまでの得票数から、自民党の金子さんが当選すると予想します。

鹿児島3区

薩摩川内市、阿久根市、出水市、いちき串木野市、日置市、伊佐市、姶良市などが選挙区域になります。

今回立候補者
野間健  59歳 希望 前 元金融相秘書官 ○
小里泰弘 59歳 自民 前 元環境副大臣
山口勇太 26歳 共産 新 党准県委員

前回(47回)選挙結果
野間健  無所属 79,003
宮地拓馬 自民  56,741
山口陽規 共産   8,821

これまでの得票数から希望の野間さんが当選すると予想します。

自民党の小里さんは、有力候補ながら国替えにより苦戦するものと予想しました。

鹿児島4区

鹿屋市、西之表市、垂水市、霧島市、曽於市、志布志市などが選挙区域になります。

今回立候補者
森山裕  72歳 自民 前 元農相 ○
野呂正和 66歳 社民 新 党県副代表

前回(47回)選挙結果
小里泰弘 自民 93,501
野呂正和 社民 28,281
永田義人 共産 12,464

これまでの自民党の得票の状況から自民党の森山さんが当選すると予想しました。

沖縄県
衆議院選挙沖縄選挙区

沖縄1区

那覇市及び島尻部が選挙区域になります。

今回立候補者
国場幸之助 44歳 自民 前 党副幹事長
赤嶺政賢  69歳 共産 前 党幹部会委員長 ○
下地幹郎  56歳 維新 前 元郵政改革相
下地玲子  59歳 幸福 新 幸福実現党

前回(47回)選挙結果
赤嶺政賢  共産 57,835
国場幸之助 自民 53,241
下地幹郎  維新 34,328

前回の得票数から共産党の赤嶺さんが当選すると予想します。

沖縄2区

浦添市、宜野湾市、中頭郡の一部などが選挙区域になります。

今回立候補者
照屋寛徳 72歳 社民 前 党国対委員長 ○
宮崎政久 52歳 自民 前 弁護士

前回(47回)選挙結果
照屋寛徳 社民 85,781
宮崎政久 自民 52,156

これまでの得票数から、社民党の照屋さんが当選すると予想します。

沖縄3区

沖縄本島北部、名護市、うるま市、国頭郡全域、島尻部などが選挙区域になります。

今回立候補者
玉城デニー  58歳 無所属 前 自由党幹事長 ○
金城竜郎   53歳 幸福  新 幸福実現党員
比嘉奈津美  59歳 自民  前 元環境政務官

前回(47回)選挙結果
玉城デニー  生活 89,110
比嘉奈津美  自民 59,491

前回の得票数から無所属の玉城さんが当選すると予想します。

沖縄4区

糸満市、豊見城市、南城市、宮古島市、石垣市、島尻部などが選挙区域になります。

今回立候補者
富川泰全  38歳 幸福 新 幸福実現党
仲里利信  80歳 無所属前 元県会議長
西銘恒三郎 63歳 自民 前 経産副大臣

前回(47回)選挙結果
仲里利信  無所属 71,227
西銘恒三郎 自民  65,838

前回の得票から無所属の西銘さんが当選すると予想します。

まとめ

九州ブロックにおける各党の獲得議席の一覧を再掲載します。

小選挙区(全35議席)+比例区(定数21議席)合計56議席

自民 38 → 36
公明  4 →  4
民進  4
希望    →  4
立憲    →  2
無所属   →  1(民進系無所属)
維新  2 →  2
共産  3 →  3
社民  2 →  2

九州地方ではやはり自民党が強く、若干の取りこぼしがあるものの、大きな変動はないと予想しました。

当初の希望の党への期待がしぼんで、結局、第2民進党のような形になってしまった上に

九州地方においては、前回、民進党から立候補した候補者が、今回は希望の党に政党を変更しているだけで、中身的には何ら変わらない(立候補者が同じ)状況で

かつ、効果的な野党間における立候補者調整も出来ていない状況では、前回と同様の結果が出るとの予想をせざるを得ない状況でした。

スポンサーリンク