「 2018年04月 」一覧

中国空母「遼寧」の行動は、南シナ海における米空母の動きに対抗?

中国空母「遼寧」の行動は、南シナ海における米空母の動きに対抗?

4月12日に行われた海南島沖における中国海軍の空母「遼寧」を含む大規模な海上閲兵式、そして遼寧が台湾南方において、初めて太平洋上において戦闘機の離発着訓練を行ったのにひき続き、東シナ海で実弾演習を実施、遼寧の動きの裏には、南シナ海などでの米空母の動きが関連していると思われます。今回の遼寧の一連の行動と、周辺における米空母の動きなどについて取りまとめて解説します。

中国海軍の空母遼寧が、西太平洋で初めて艦載機の離発着を伴う訓練を実施

中国海軍の空母遼寧が、西太平洋で初めて艦載機の離発着を伴う訓練を実施

中国海軍空母「遼寧」が護衛の艦隊と共に外洋に進出し、艦載機を発着艦させる様子が初めて観測されました。練習用空母だとか、艦載機が武器や燃料を満載して離陸できない、ポンコツ空母などと言われていますが海自で言えば1個護衛隊群に匹敵する艦隊を引き連れて、外洋を行動し、演習を行ったとことで、それなりの練度、レベルに達したともいえます。