北朝鮮の核・ミサイル開発

北朝鮮の核・ミサイル開発

北朝鮮の動きが年末に向けて怪しさを増す。弾道ミサイルの発射はあるのか

北朝鮮の動きが年末に向けて怪しくなっています。 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が「今年末までは忍耐心を持って米国の勇断を待つ」と警告 さらに12月に入って2度にわたる弾道ミサイルのエンジン燃焼試験 米国...
北朝鮮の核・ミサイル開発

北朝鮮が日本にミサイルを撃ち込んできたらどうなるのか

2019年末に入って、再び北朝鮮の様子が怪しくなってきました。 北朝鮮は年末までに、米国が方針転換しなければ、交渉を打ち切るなどと主張しています。 また米国のトランプ大統領も、金正恩をロケットマンと再び呼び出したり、軍事力の行使...
北朝鮮の核・ミサイル開発

北朝鮮の発射したSLBMってどんなもの、日本に脅威はあるのでしょうか

米朝会談が行われる直前の10月日に北朝鮮が、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射しました。 今回発射されたのは、新型の北極星3型とみられ、飛行距離は数百キロ程度であったものの、通常より高い角度で打ち上げるロフテッド軌道で発射したも...
北朝鮮の核・ミサイル開発

北朝鮮制裁決議、効果があるのか、北朝鮮は対話路線に向かうのか

2017.12.23国連の安全保障会議で北朝鮮に対する追加の制裁決議が全会一致で採択されました。 今回の制裁決議は北朝鮮の核開発に対して、開発を断念させたり、対話路線に向かわせるような実行力があるのか、あるいはさほどの効果はなく、...
北朝鮮の核・ミサイル開発

北朝鮮の弾道ミサイル発射実験がなぜ早朝に多く行われるのでしょう

北朝鮮の弾道ミサイル発射実験が、世界各国の非難をよそに度々行われています。 所がこの弾道ミサイル実験の発射時刻はほとんどが早朝に集中しています。 なぜ早朝にミサイル実験を行うのでしょうか、その理由を解説します。
北朝鮮の核・ミサイル開発

海自P-3C豪でのPSI海上阻止訓練「パシフィック・プロテクター17に参加

海自P-3Cが2017年9月6日(水)~9月9日(土)までオーストラリアが開催するPSI海上阻止訓練「パシフィックプロテクター17」に参加します。 PSIとは、そして、このPSI訓練に海自P-3Cが参加する意味は
タイトルとURLをコピーしました